圧縮加工

写真はお客様にお持ち込みして頂いたドラム缶を圧縮加工している所です。

圧縮加工する事により、初めてドラム缶が製鋼原料となります。

※現場作業の安全対策の為、ドラム缶、一斗缶を納入の際は必ず中身を空にし、栓を開けておいて下さい。

お願いいたしますm(__)m

投稿者プロフィール

suzuki

前の記事

11月の定休日

次の記事

創業107年目