トラックスケール

本日は気候が良かったので弊社の40トントラックスケールのメンテナンス、掃除を致しました。

※トラックスケールとは→トラックに乗ったまま積荷の重さを計測できる大型計量機

スクラップを載せたトラックで計量→スクラップを工場内で積み下ろし→空車で計量=スクラップの重量となります。

埋め込み式のピットタイプ、地上式のピットレスタイプがあります。

弊社は埋め込み式のピットタイプです^^

私も県内の同業者さんの会社にお伺いする事もありますが、県内はピットレスタイプの方がやや多い?気がします。

そんなトラックスケールの中はというと・・・

この様な造りになっております。(暗くて分かりづらくてすいません( ;∀;))

中はほぼ空洞となっておりH鋼に筋替え加工で補強してありますね!

年に数回トラックスケールの下に入り掃除、錆止め塗料を塗ります。そして香川県計量協会の計量検査を行います。

このような作業をする事により安全かつ正確な計量作業を行う事が出来ます。

弊社ではスクラップの計量以外にも運送業者さんのトラックやタンクローリー、トレーラーや建設業者さんの資材などの計量業務も行う事が出来ます。

香川県計量協会公認計量機で香川県主任計量士資格保持者が計量を行っておりますので安心してご依頼下さいね^^

投稿者プロフィール

suzuki

前の記事

ダライ粉?切粉?

次の記事

ガス切断加工